ボス攻略


ランドタートル
なんきょくのかぜを使えば楽勝だが,最初のボスだけあって使わなくても苦労せず倒せる。

ジン
弱点のブリザドが一つしか手に入らないので戦士系を多めに。
なんきょくのかぜが二つ残っているなら,使えばあっという間に倒せる。

バハムート
素直に逃げる。勝ったとしてもその後の展開は変わらない。

ネプトりゅう
バハムートとは違い自動回復がないので,レベルを上げれば倒そうと思えば倒せる。
倒したところでメリットはないので素直に無視した方が賢明。

おおネズミ
こびとでは通常攻撃は役に立たないので,黒魔道士3,白魔道士1のパーティで,魔法攻撃で倒す。
ダメージを減らすため必ず全員後列に下げておく。

メデューサ
魔法防御が高めなので通常攻撃メインで戦う。防御面は全く考慮する必要はない。
ブレイクは石化しないので気にしないでもいい。保険として,数個きんのはりがあれば安心。

とうぞくグツコー
相手の知性があまり高くないので,ファイラが大して効果がなく,楽勝。
炎耐性のあるアイス〜装備で固める必要もなく勝てる。

サラマンダー
炎が強力なので,炎耐性がある防具が装備できる,戦士を使うと楽。
フリーズブレイドやブリザガで攻撃すると良い。

まどうしハイン
極端に回避率が高いので,魔法メインで戦う。
正攻法は学者で弱点を見破ってそれをつく。
学者がいなくても,弱い魔法で弱点を確かめるか,勘で当てに行っても良い。

MPや攻撃アイテムに余裕がある場合,最初のターンから勘で攻撃する戦法を推奨。
うまく弱点が的中すれば,次のターンに同じ属性の攻撃を続ければバリアチェンジ前に撃破可能。
最初の攻撃が当たらなかったらバリアチェンジ後まで待った方が良い。

クラーケン
特徴や弱点が特にない。
途中に出現するモンスターから,かみがみのいかりや,ボムのみぎうでを入手できていると,楽に倒せる。

ゴールドル
クラーケンと行動パターンは変わらない。
ただし,クラーケンと違い魔法が効きにくいので,通常攻撃をメインにする。
編成を,ナイト・シーフ・からてか辺りの3,4人で構成し,2,3ターンでしとめる戦法が楽。

ガルーダ
全員りゅうきしでひたすらジャンプ。ジャンプは後列に下がると威力が下がるので必ず前列で。
ジャンプのダメージは右手が重要なので,ウインドスピアの数がない場合は右手に持たせること。
かみなりの威力が強いため,どれだけかみなりを受けずにジャンプできるがが勝負の分かれ目。

オーディン
攻撃に耐えきれないようならプロテスで補強する。弱点や耐性は特にない。

ヘカトンケイル
通常攻撃のみなので楽勝。ダメージが大きいようならば,プロテスをかけておく。

リバイアサン
リバイアサンを召喚すると津波は雷属性なのだが,ボスとして津波を使うと無属性である。
プロテスで固めたりしながら,きっちり回復しながら戦う。
武器を二本持たせたナイトやまけんしなどで固めると楽に倒せるかもしれない。

バハムート
メガフレアはプロテスによる軽減,リフレクによる反射が可能。
カタスト(白)を使えば全員にリフレクがかかるが,結構運なところがある。
ひたすらリフレク,1人をプロテスで固めるのが正攻法。

ドーガ
レベルさえ高ければ,両手に武器装備で勝てる。

ウネ
トルネドが厄介だが,こちらにとどめを刺せるのはふぶきのみ。
HPが低めなので吹雪が来る前に倒すのがベスト。ボタンを連打しているだけで勝利可能。

ティターン
知性が低いのでフレアだろうが怖くない。プロテスやリフレクを使うまでもなく楽勝。

アモン
ハインと比べると,回避率が低いので,十分通常攻撃で撃破可能。
どうしても学者を使いたい場合を除き,弱点を見破るまでもなく,通常攻撃で叩く。
魔道士系は,ヘイストでの援護,バイオ・バハムル(合体)などを使うと良い。

くのいち
マインドブラストで全体にマヒ状態にさせてくるため,マヒさせたくないキャラにはリボンを装備させておく。
マヒをあまり気にせずに,無属性攻撃で一気に削りきる。

ジェネラル
通常攻撃しかしてこない。能力的にもヘカトンケイルに毛が生えた程度。

スキュラ
フレアのみなのでリフレクやプロテスで対処。
2回同じキャラに攻撃がいかないことを願って,短期決戦を挑むのも良い。

ガーディアン
ひたすら1人がケアルガを全体にかけながら攻撃。
回復が間に合わないならようなら,一人見捨てる,プロテス,回復役を増やすなどで対応。
威力的にはドーガのクエイクと変わらないので,耐えきれるようならば短期決戦を挑むと良い。

まおうザンデ
1ターン目でライブラ,2ターン目でメテオがくる。速攻で仕留めることを推奨。
メテオのターンに,盾を2枚持つなどして耐えれば死ぬことはない。全滅してしまうならレベルを上げよう。
しゅりけんやバハムルの数が足りない場合は,じっくり攻めるしかない。
ライブラのターンにしっかり回復すれば負けることはない。メテオに耐えられないのならプロテスで。
メテオとクエイクに耐え切れれば,2回目のメテオまでには削りきれるだろう。

ケルベロス
雷耐性のある,ダイヤ〜装備を持っていれば楽勝。
1人がケアルガで全体を回復し,残りで攻撃すれば勝てる。

2ヘッドドラゴン
通常攻撃のみだが,一撃でほぼ確実に一人が殺されてしまう。きっちり戦闘不能になったキャラに対し,回復すれば勝てる。

エキドナ
最初の2回のターン,クエイクとブレクガに備え,全員にリボンを装備させておく。
メテオが4ターン目に来るので,3ターン目までに勝負を決めるのがベストだが,回復をしておくように。

アーリマン
開幕直後にメテオが来るので,戦闘前に回復を忘れずに。
ローテーション(メテオ・ほのお・クエイク・ふぶき・メテオ・かみなり・クエイク・ケアルラの順)を覚えて確実に回復しながら戦う。

くらやみのくも
はどうほう自体では,一撃でやられることはない。
回復役を2人用意し,全体ケアルガでは2人がかりでも間に合わないので,単体ケアルガかエリクサーで毎ターン2人ずつ確実に回復する。


TOP | 攻略チャート | ボス攻略 | 武器 | 防具 | アイテム | 魔法 |  | 裏技・小技・小ネタ集



inserted by FC2 system