インストール(VMWare)

2006/10/12

Yuhi's Homepage
トップ
はじめに
ダウンロード
インストール
インストール(VMWare)
PuTTYでssh接続
環境設定
VMWare Tools
  • VMWare Serverを使用する場合

まず,VMWare Serverの公式サイトから,VMWare Serverをダウンロードする。

途中に,アカウントを入力する部分が出てくるが,
明らかに嘘をつかなければならないところがある。(アメリカとかカナダの州を選ぶ奴です)
その辺は適当にごまかしながらダウンロードをしていこう。

インストールに関しては問題ないであろう。基本的にYesかOKを選んでおこう。

おそらくデスクトップにアイコンができていると思うので,(無い人はプログラムから探そう)
起動すると,以下のような画面が出てくる。
「File」→「New」→「Virtual Machine」と選択していこう。(もしくはCtrl+Nキー)

 

そうすると,以下のような画面が出てくる。「次へ(N) >」を選択。

簡単に行いたい場合は「Typical」で,色々と設定したければ「Custom」を選ぼう。
今回は,「Typical」の例を示していく。

CentOS4.3をインストールするので,ゲストOSは,「Linux」の「Other Linux 2.6.x kernel」を選ぼう。

名前と保存するファイルの指定。適当に変えたければ変えてくれればよい。

「Use bridged networking」を選択。用途に合わせて選択して欲しい。

ディスクの容量を決める。1GBごとにしか設定ができない。
ファイルを分割したければ,「Split disk into 2 GB files」を選択しよう。

さて,ファイルが出来上がったら,「Edit virtual machine settings」をクリックしよう。

まず,メモリを任意に設定しよう。もとのPCとのメモリの占有率と相談する必要があるので気をつける。
それから,isoイメージを読み込むために。Addボタンを押そう。

そうすると,以下のような画面が出てくる。「次へ(N) >」を選択。

もちろん,CD-ROMに焼こうとしていやファイルなので,「DVD/CD-ROM Drive」を選ぶ。

「Use ISO image」を選択。これにより,CD-ROMに焼く手間が省けるのである。

「Browse」でisoイメージのダウンロード先を選択。まずは,CentOS-4.3-i386-bin1of4.isoだ。

あとは,この操作をCentOS-4.3-i386-bin2of4.iso,CentOS-4.3-i386-bin3of4.isoについても行えばよい。
すぐ下の画像のようになっていればOKでなのだが,気をつけて欲しいのは,以下の点である。
IDE *:*の設定は,すぐ上の画像の「Advanced >>」をクリックして欲しい。

  • IDE 0:0にCentOS-4.3-i386-bin1of4.iso
  • IDE 0:1にCentOS-4.3-i386-bin2of4.iso
  • IDE 1:0にCentOS-4.3-i386-bin3of4.iso
  • CD-ROMでAuto-Detectがない

これで,インストールの準備が完了である。「Start this virtual machine」をクリックしよう。
インストール方法は,CentOS4.3インストールを見て欲しい。

インストール終了後は,上の画像にある,「Edit virtual machine settings」をクリックし,
CD-ROM,CD-ROM2を「Remove」ボタンで削除する。
そして,CD-ROM3の設定を,「Use physical drive」→「Auto Detect」を選択しておこう。

戻る | Yuhi's Homepage | 進む

最終更新日 : 2006/10/12

inserted by FC2 system